低金利の住宅ローンランキング!【2017年6月更新版】

相談
住宅ローンを選ぶ時の一つの基準として金利があります。

 

変動金利・固定金利と色々ありますが、住宅ローン会社の金利状態を把握するのはとっても大事です。下調べをせずに選んでしまうと選んだ住宅ローン会社よりも金利の安いところがあったりするので、後で後悔するのは目に見えています。

 

なので、住宅ローンを選ぶ時は総合的な金利に注目して選ぶ様にしましょう。

 

「とにかく金利の安い住宅ローン会社を選びたい!」という時は以下の3つがお勧めです。

 

他の住宅ローン会社をよせつけないほどの低金利を実施している新生銀行がランキング第一位です。新生銀行の新生ゴールドカードに入会すると、金利年0.1%優遇キャンペーンを受ける事が出来ます。対象の金利タイプにおいて、年0.1%の優遇が借入から完済までの間ずっと受ける事が可能。この手のキャンペーンを行っている住宅ローン会社はたくさんありますが、どのプランも借入から当初○年と期間が限定されています。しかし、新生銀行であれば期間限定なしで完済までずっとキャンペーンが適用されます。

 

金利も安く変動金利は常に1.0%を切っており当初固定金利の5年プランでは年1.560%、10年タイプで1.850%となっています。繰上げ返済手数料と保証料が無料になっているので、金銭面でのメリットは金利以外にもあります。「とにかく金利の安い住宅ローンを選びたい!」という方は新生銀行がお勧めです。

 

住宅ローンの金利の革命を起こしたと言われる住信SBIネット銀行がランキング第二位。ネット銀行だから出来る低金利となっています。既に30000人以上の方に愛用されている実績あるローン会社なので、初めて住宅ローンを選ぶ方でも安心して申し込みする事が出来るでしょう。

 

変動金利は年2.775%と高くなっていますがこれは見せかけの数字。住信SBIネット銀行では常にキャンペーンを行っているので実際の金利はかなり安くなっています。今なら1.9%の引き下げを行っているので年金利は0.875%。これだけ安い金利の住宅ローン会社は滅多にありません。

 

固定金利も10年固定で年1.47%、20年で2.15%となっています。20年という長期間での返済でも金利が2%前半というのは他の住宅ローン会社では考えられない事ですね。繰上げ返済の手数料が無料の他、団信の保険料が0円という特典もポイントとなっています。

 

安い低金利だけでなく、保険の事も考えて住宅ローンを選びたいのであれば住信SBIネット銀行がお勧めです。

 

フラット35Sの金利が安い事で有名なARUHI。当初10年固定タイプは年金利が1.88%となっています。当初10年間で比較するとランキング1・2位の新生銀行と住信SBIネット銀行には負けますが11年目以降の金利は年2.18%となっている為、上記2社と大差ありません。

 

フラット35の中から選びたいのであればARUHIも視野に入ってくるでしょう。フラット35Sに限って言えばかなり金利が安いので状況によってはランキング上位の住宅ローン会社よりも低金利になる事があります。保証人・保証料無料という点も大きいですね。長期間で返済をしていく方はARUHIを選ぶのが良いでしょう。