固定金利と変動金利の住宅ローン金利シミュレーション

シュミレーション
住宅ローンの借り入れは金利が変動するタイプと固定タイプの2種類があります。

 

方ともにメリット・デメリットがあるので、まずはこの2つの違いを理解して欲しいと思います。

 

まず、変動金利タイプから説明しましょうか。

 

変動金利タイプは言葉の通り、金利が変動していくタイプの商品です。

 

世の中の金利は常に変動しているのですが、この金利の変動を受けて返済時のコストが変わってくるのが変動タイプです。

 

契約時の金利が安いのがメリットではありますが、今後の変動次第で金利が高くなる可能性があります。

 

また、金利が下がるケースもありますが、どちらかというと金利が上がる事の方が多いので、最終的な返済金額に違いて生じて、返済が遅れる事も予想されます。

 

次に固定金利についてお話しましょう。

 

固定金利は借入時期から借金返済までの金利が一定になっているプランです。変動金利と比べると金利自体は高いのですが、金利変動による影響を受けないプランなので、借金返済まで金利が変わる事がありません。

 

その為、当初予定していた最終返済額が変わる事もないので、計画的に借金返済をする事が出来ます。

 

よって、借入プランが変動か固定かによって最終的な返済額・返済期間が変わってくるので、この2つのプランを比べて住宅ローンのシミュレートする事が大事になってきます。

 

この部分を無視して「何かこのプラン良さそう」と安易に決めてしまうと、思わぬ損をする事もあるので気を付けて下さいね。

 

Q: どうやって住宅ローン金利シミュレーションをしたらいいの?
住宅ローン金利をシミュレーションをすると言っても、自分で金利の計算をしてあれこれするのはかなり大変です。

 

借入額が大きく返済期間が長いとより面倒になるので、自分で頑張って計算をしても間違ってしまう可能性が高いです。

 

なのでシミュレートする時は、金融機関で用意されている住宅ローン金利シミュレーションを使う様にしましょう。

 

シミュレートの機械を使えば複雑な計算でも簡単にする事が可能です。ボーナス払いなど細かい設定も可能なので、より確実な金額を出せます。

 

ただ、金融機関によってはシミュレーション機械を置いていない所もあるので、そういう場合は直接店舗に足を運んで素タフッフに見積もりを出してもらいましょう。

 

変動金利の場合は住宅ローンシミュレーションしにくいので、最初から人にお願いするのも有りですね。

 

気になるプランがあった時は必ずシミュレートをして、他のプラント最終的な返済額の比較を行う様にして下さい。これをシッカリとしていれば一番お得なローンプランを選ぶ事が出来るでしょう。

金利動向調査で判明したおすすめ銀行ランキング!【2017年4月版】