住宅ローン金利の固定タイプが適している人とは?

夫婦
住宅ローンを組む時、固定金利にしようか変動金利にしようかを迷ってしまう事でしょう。

 

借入先のアドバイザーに相談をすればある程度の助言をもらう事が出来ます

 

この時にも、事前にどういう人が固定金利タイプが良いのかを把握しておく必要があります。

 

この項では固定金利タイプ住宅ローンがお勧めな選ぶべき人は?というテーマでお話したいと思います。

 

固定金利タイプのメリットは支払額が確定している事です。固定金利は返済開始から返済終了まで金利が確定しているので、返済中に返済額が変わるようなことはありません。

 

その為、計画通りに返済をしていく事が出来ます。返済額も一定で安定したローン返済が可能になるので、予定通りに返済をしていきたい方は固定金利タイプを選ぶのがお勧めです。

 

また、住宅ローンの返済で家計がギリギリという方も固定金利がお勧めです。変動金利の場合、金利が上がってしまうと毎月の返済額も上がってしまいます。

 

家計に余裕がある時なら多少の値上がりも気にならないと思いますが、ローン返済でいっぱいいっぱいという時は、ちょっとした値上がりが苦しくなります。

 

なので、金利の変動が予想される変動金利ではなく、常に一定の固定金利タイプを選ぶ様にしましょう。家計に余裕がない状況で金利が上がってしまうと破綻する危険性もあるので気を付けて下さいね。

 

あと、今お話した事と少しかぶりますが、返済額が増えていくのが嫌な方も固定金利にしましょう。

 

変動金利はそういうものですが、契約時の金利より上がるというのはおかしな話といったおかしな話なんですよね。

 

まあ、それだけのメリットがあるので良いのですが、それでも「契約時の金利が変わるなんておかしい!」と思う方は固定金利を選びましょう。固定金利であれば金利が一定なので、返済額が増える心配はありません。

 

上記のいずれかに当てはまる方は固定金利を選ぶ事をお勧めします。上記に当てはまらないけれども、固定金利にしようか悩んでいるという方は今後の金利を予想してみましょう。

 

金利の予想をしてみて、今後大幅に金利があがると思った時は固定金利での借り入れをするのがお得です。

 

ただ、固定金利はあらかじめ金利があがる事を予想して金利が設定されているので、ちょっとやそっと金利が上がるくらいでは得をする事が出来ませんので、ここだけは注意して欲しいと思います。

金利動向調査で判明したおすすめ銀行ランキング!【2017年10月版】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結で便利
  • 固定も変動も魅力的な低金利を実現
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 5つの団信生命保険から選べる充実保障
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 手数料0円が多く諸費用が安い
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最低水準の金利が魅力で人気のネット銀行
  • 保証料・繰り上げ返済手数料が無料
  • 借り手の側に立つサービスで満足度が高い
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利と手数料がフラット35最低水準
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円~
  • 保証料無料・安い諸費用で人気
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利
  • 年収に対する総返済負担率が収入の基準
  • 保証料・繰上げ返済手数料が0円
  • 住宅ローン専門金融機関で人気
  • 全国に100以上の店舗を展開
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円から
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 安心保証付き団信で万が一の時も安心
  • 金利・諸費用トータルでお得
  • 事務取扱手数料54,000円~162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長可能
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み