住宅ローン借り換えおすすめの人は?

夫婦
住宅ローンの返済を上手にするためには、固定金利を選ぶか変動金利を選ぶかが一つのポイントになります。

 

自分の状況や返済計画・借入金額によってこの選択は変わってきますので、別項で述べた変動・固定金利のどちらを選ぶのが良いかを事前に確認しておく様にしましょう。

 

これを踏まえた上で、住宅ローンの借り換えを選んだ方がお得にローン返済が出来る方について説明したいと思います。

 

まず、かなり前にローンを組んだ方は市場に今の商品よりも低金利の借入商品が出ている可能性が高いので、一度他の金融機関の商品をチェックする様にしましょう。

 

特に、ネットバンクが流行る前に一般銀行で契約をした方だとこの可能性はかなり高いですね。

 

別項で少し述べましたが、ネットバンクの金利は普通の銀行とは比べ物にならないほどに安いです。

 

この金利を知らないまま、現在の金利で返済を続けていくのは非常にもったいないので、必ず他商品の確認をしましょう。

 

次に「返しても返しても何か減らないなあ」と思っている方。こういう方もとっても多いと思います。この原因は金利にあります。

 

おそらく、組んでいるローンの金利が高いハズです。その為、返しても返しても全く減らないという感じになっているのでしょう。

 

こういう場合は、金利の安い金融機関に借り換えした方がお得です。お得と言うか、住宅ローン借り換えするべきと言う表現が正しいですね。

 

返済をしてもあまり変わらないという事は、利息分の借金返済をしているのと同じ状況なので、このままではいつまで経っても返済を終わらすことが出来ません。

 

地道に返していけばいつかは終わるでしょうが、それはかなり先の話です。

 

なので、現在のプランで借金返済をしていくのではなく、金利の安い金融機関から借入を行って低金利でローンの返済を行っていく様にしましょう。

 

そうすれば、毎月の返済額が今までと同じだったとしても、目に見えて残金の減りが違ってくるハズです。目に見えてローン額が少なくなってくると精神的にもかなり楽になるでしょう。

 

ただ、もうすぐでローンの返済が終わるという方は安易に借り換えをしない様にしましょう。借り換え時には色々と諸経費が発生するので、これを入れて考えた時、金利の低い業者に借り換えをした方が最終的な出費が大きくなるという事が考えられます。

 

借入金額と金利だけに注目して考えれば借り換えを行った方がよくても、諸経費を入れて計算をすると借り換えた方が発生する金額が多くなるという事は良くあるので、この部分だけは注意して下さい。

金利動向調査で判明したおすすめ銀行ランキング!【2017年4月版】