住宅ローン金利の変動タイプが適している人とは?

夫婦
住宅ローンの借り入れをする時は固定と変動があるので、どちらにしたら良いか迷ってしまう事が多いと思います。

 

この項では変動金利タイプを選んで借り入れをした方が良い方についてお話したいと思います。

 

まず、住宅ローンの借り入れ期間、つまり返済期間が短い方は変動金利タイプを使った方が良いですね。

 

固定金利を選択するのは、金利が上昇した時に住宅ローンの利息が増えるというリスクを回避する為です。

 

しかし、数年で返済できるのであればいきなり金利が跳ね上がる事はまずないので、変動金利の低金利で返済をした方が得でしょう。

 

固定金利であれば利息が変わらないといったメリットがありますが、2~3年で返済できる見通しなら最初から変動金利を選ぶ様にしましょう。

 

また、住宅ローンの返済の最中で繰上げ返済を考えている方も変動金利がお得です。

 

変動金利は、借入期間の最初の方で一気に繰上げ返済を行うと利息をほとんど払わない状態で元本を一気に減らす事が出来ます。

 

一気に借入額を減らす事が出来れば後の利息もかなり安くなるので利息分の支払いを減らす事が可能となります。

 

固定金利の場合だと、繰上げ返済をする時に返済手数料がかかるタイプの商品が多いので、繰上げしたくても出来ないというのが現状です。

 

しかし、変動金利であれば繰上げ返済をしても手数料が発生しません。この点もポイントですね。なので、「余裕がある時は繰上げ返済をどんどんとしていこう」と思っている方は変動金利を選ぶ様にしましょう。

 

また、住宅ローンの借り換えを狙っている方は変動金利の方が良いですね。今現在、金融機関同士の競争が激しくなっているので、どんどんと安いプランが出ています。

 

その為、自分が契約をした時よりもはるかに低い金利プランも出てくる可能性もあるので、借り換えで返済を考えている方は固定よりも変動金利の方が良いです。

 

上記に当てはまる場合は変動金利を選ぶ様にすると良いでしょう。また、これに当てはまらずに変動か固定かを迷っている方は「今後の景気がどうなるか」を考えて決めるのが良いと思います。

 

今後、日本の景気が悪くなると思った方は変動金利が良いです。景気が悪くなってしまうと、高い金利では借り入れを行う方が少なくなるので、金融機関はその辺りを考えて低金利のプランを出してくれます。

 

そうすれば、低金利で借り入れが出来ますし、変動金利で借り入れしておけば、借り換えも出来るのでかなりお得と言えるでしょう。

金利動向調査で判明したおすすめ銀行ランキング!【2017年10月版】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結で便利
  • 固定も変動も魅力的な低金利を実現
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 5つの団信生命保険から選べる充実保障
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 手数料0円が多く諸費用が安い
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最低水準の金利が魅力で人気のネット銀行
  • 保証料・繰り上げ返済手数料が無料
  • 借り手の側に立つサービスで満足度が高い
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利と手数料がフラット35最低水準
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円~
  • 保証料無料・安い諸費用で人気
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利
  • 年収に対する総返済負担率が収入の基準
  • 保証料・繰上げ返済手数料が0円
  • 住宅ローン専門金融機関で人気
  • 全国に100以上の店舗を展開
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円から
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 安心保証付き団信で万が一の時も安心
  • 金利・諸費用トータルでお得
  • 事務取扱手数料54,000円~162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長可能
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み