変動金利の住宅ローンとは?

調査
住宅ローンの金利には固定金利と変動金利の2つがあります。この項では住宅ローン変動金利について説明していきたいと思います。

 

変動金利とは言葉の通り、金利がその都度変わっていくタイプの事です。

 

金融機関で適用されている金利は一定期間で変わっていきます。

 

その為、お金の借り入れを行う時期によって同じ額を借りたとしても金利が違う為に返済する額が変わってくるのです。

 

利払いの時点で支払利息が決定されるので、最終的な返済額が確定しないというデメリットがあります。

 

しかし、それにも関わらず変動制金利で返済をする方が多いのですがこれは一体どうしてでしょうか。その理由は金利の安さにあります。

 

変動制金利は固定金利に比べて安く設定されているので、何事もなければ固定金利で返済をするよりも少ない返済額で済みます。

 

固定金利と変動金利のどちらが良いかという点に関しては結構難しいですが、大きく金利の変動がなければ変動制金利の方がお得かもしれませんね。

 

ただ、世界で何か大きな事件が起きたりして金利に影響があった時は固定金利の金利よりも高くなるので、こういったケースを考えると固定金利の方が安心と言えます。

 

この辺りはローンの返済期間と相談をして決めるのも良いでしょう。それほど返済期間が長くならないのであれば、変動金利で返済していくのが良いかもしれません。

 

逆に返済期間が35年とか長くなるようであれば前項でお話した固定金利を使うのが良いでしょう。

 

こうお話すると変動金利よりも固定金利の方が良い様に感じますが、変動制金利は固定金利にはない金利の安さがあります。

 

固定金利と変動金利を比較してみると分かりますがこの2つの金利はかなりの差があります。なので、少しでも返済金額を減らしたいという方は変動金利でのローンを組むと良いと思います。

 

ただし、先にいった様に、常に金利が変動するので、返済中の金利変動によっては予定通りに返済が進まないという事もあります。

 

返済の計画が立てにくいというのが変動制金利のデメリットと言えるでしょう。ただ、この辺りは事前に銀行のスタッフに相談する事で見えてくるものがあるので、あまり気にしなくて良いかもしれませんね。

 

計画通りに返済が出来ないという方以外であれば変動制金利での返済は問題ないでしょう。

 

あと、最近は変動金利プランでも開始2年間は低金利での固定金利で3年目から変動制の金利が適用されるといったものもあります。

 

こういったプランを利用すれば変動制でも計画的にローンの返済が出来るので選択肢に入れてみる事をお勧めします。

金利動向調査で判明したおすすめ銀行ランキング!【2017年4月版】