住宅ローン金利予想!今後の金利見通しは?

見出し

 

フラット35金利予想2017年9月の答え合わせ!

2017年9月のフラット35金利は1.08%。10月からの制度変更を前に少し金利が下がりました。

 

矢印
申し込み

住宅ローン金利動向おすすめ銀行ランキング!【2017年9月版】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結で便利
  • 固定も変動も魅力的な低金利を実現
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 5つの団信生命保険から選べる充実保障
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 手数料0円が多く諸費用が安い
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最低水準の金利が魅力で人気のネット銀行
  • 保証料・繰り上げ返済手数料が無料
  • 借り手の側に立つサービスで満足度が高い
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利と手数料がフラット35最低水準
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円~
  • 保証料無料・安い諸費用で人気
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利
  • 年収に対する総返済負担率が収入の基準
  • 保証料・繰上げ返済手数料が0円
  • 住宅ローン専門金融機関で人気
  • 全国に100以上の店舗を展開
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円から
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 安心保証付き団信で万が一の時も安心
  • 金利・諸費用トータルでお得
  • 事務取扱手数料54,000円~162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長可能
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み


フラット35住宅ローン今後の金利動向をチェック!

フラット35金利動向グラフ

推移と動向

 

2015年2月にフラット35の金利は史上最低の水準にまで下がりました。35年の長期固定タイプで1.37%というのは一般的な住宅ローンの変動タイプにも劣らず、しかもフラット35Sならこれからさらに0.3%の引き下げを受けることもできるのですから、まさに最高の借り時だったといえるでしょう。

 

その後フラット35金利はじわじわと上昇していたのですが、2016年に入り日銀がマイナス金利政策をとったことによって住宅ローン金利が大きく下がり、3月の金利更新でこれまでの最低となる1.250%を記録したのです!

 

住宅ローン金利は4月になってさらに下がり、フラット35は1.190%と最低金利を更新、そして驚くことに5月には1.080%ともう一段大きく下げました。

 

そして2016年7月フラット35の金利はついに1%を割り込み0.930%という水準になったのです。春の時点ではこれ以上大きく金利が下がることはないのではないかという金利動向予測が立てられていたものの、実際にはどんどん下がる結果となっています。

 

2017年9月のフラット35金利は先月から0.04%下がって35年固定金利で1.08%に。変動金利の住宅ローンを借りている方はもちろん、フラット35など長期固定金利も金利が上がる可能性があるため動向をしっかりと見守っていきましょう。

 

 

マイナス金利政策で銀行の収益が悪化しているといった報道もあり、見直しがされることも十分に考えられますので、この低金利をフルに活用したいという方はそろそろ具体的に住宅ローンの申し込みを検討したほうがいいでしょう。

 

フラット35は融資実行時の金利が適用されるという特徴があり、融資実行は建物の引渡し時つまり、家が完成してからになります。ですから、申し込みをした時は低かったのに融資実行のときには上昇してしまうなどの変化は避けられません。

 

そのためある程度長いスパンでの予測をもとにして借り入れを検討することが基本ですが、2016年2月と3月とでは0.23%という大きな差ができてしまったため、ちょっとしたタイミングの違いが大きな明暗を分けることになった方もいらっしゃるはずです。

 

フラット35以外の住宅ローンの長期固定金利の推移と動向もほぼこれに合わせた動きとなっていますから、今後の予測をするときにこのフラット35金利推移のグラフを役立ててください。

 

フラット35最低水準の金利を達成→楽天銀行フラット35公式へ

住宅ローン金利予想!2017年今後の金利はどうなる?

アベノミクスと住宅ローン金利の関連性とは

2012年終盤に自民党が政権を奪還して以来、アベノミクスと呼ばれるデフレ脱却政策が実行に移されようとしており、景気回復への期待が高まっています。

 

2015年になり一定の成果があったという評価もありますが、住宅ローンの動向にはにはどのような影響があったのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

そして2016年に入ってとられた日銀のマイナス金利政策によりこれ以上下がることはないと思われていた水準がまた一段と下がることになりました。

 

住宅ローン金利は、一般的に景気に左右され、デフレ基調の状態では低く、インフレ基調で景気が良い状態では高くなるという傾向にあります。

 

今後の動向を占っていくためまずは2013年2月現在の主な金融機関の住宅ローン金利を下表に示します。
金利

 

変動タイプの動向と推移は?

変動金利などの比較的短期の商品は、ソニー銀行の0.821%をはじめ、各金融機関とも1%を下回っています。

 

住信SBIネット銀行は、一時期は低金利で業界をリードしていましたが、変動タイプではソニー銀行の後塵を拝するようになりました。

 

しかし、固定型(3年)では、キャンペーンにより0.69%と非常に低い水準で提供しています。

 

新生銀行の変動タイプは0.98%ですが、期間限定のキャンペーンを適用すると0.88%とソニー銀行や住信SBIネット銀行と比べて遜色のないレベルになっています。

 

固定タイプの動向と推移は?

一方、長期固定金利については、フラット35は2014年から2015年にかけて史上最低水準の低金利を更新するなど非常に低い状況にありました。

 

依然として低水準ではあるものの、やや上昇する兆しを見せています。そのため長期固定金利を希望している場合は今がベストタイミングかも知れません。

 

楽天銀行のフラット35では、借入期間20年~35年が1.46%となり、1.5%前後の水準で推移しています。

 

金融機関が提供している一般的な住宅ローンの20年超の固定タイプについては、横ばいで変化があまり見られないものもありますが、0.1~0.2%程度金利が上昇しているものもあるようです。

 

その他の住宅ローンの35年の長期固定タイプをみると、新生銀行が2.2%、ソニー銀行が1.824%となっています。

 

住信SBIネット銀行は3.27%ですが、キャンペーンを適用すると1.68%となっています。

今後の住宅ローン金利の推移はどうなる?

計算

今後の住宅ローン金利は、どのように推移するでしょうか?

 

将来の動向を正確に予測することは不可能ですが、現段階で手に入る指標を基に検討してみたいと思います。

 

下図に、楽天銀行、新生銀行、ソニー銀行が提供している住宅ローンの金利と日経平均株価について、2008年以降の約5年間の推移を示します。

 

住宅ローン金利については、全体的に2009年中盤から下落傾向にあるようです。

 

新生銀行の変動タイプは、2009年の中盤から大きく下落し、2011年以降はほぼ0.8%で横ばいに推移しています。

 

ソニー銀行の規準金利(変動タイプ)についても、2009年以降下落傾向が続いています。

 

長期固定タイプである楽天銀行(フラット35)では、全体的な下落基調は他と同様ですが、2012年末以降はやや上昇の兆しを見せたあと下降しました。

 

この期間の日経株価平均の推移をみてみると、2008年の中盤に大きく株価が下落した後、細かい増減はあるものの、9000円から11000円の間で、ほほ横ばい状態で推移しています。

 

株式の指標は一般的に先行指標と呼ばれており、景気に先行して動く傾向があるといわれています。

 

今後の動向は株価に注目すればいい?

確かに、日経株価平均が2008年中盤に落ち込んだことに比べ、住宅ローン金利は2009年の初旬から中盤にかけて下落傾向が強くなっていることからも、金利の変動が株価の変動からやや遅れるという傾向はありそうです。

 

2012年の終盤に安倍総理にバトンタッチされてから、いわゆるアベノミクス効果で株価は上昇基調にあります。また、2015年には大幅に株価が上がっているという現実があります。

 

今後の動向を考えれば株価が上昇すると住宅ローン金利も上昇しそうですが、まだ顕著な上昇は認められません。

 

それもそのはずで、株価が上昇したとっても、推移を見てみると2009年の中盤以降継続しているボックス圏の上限にきているに過ぎません。

 

今後の株価がさらに上昇を続け、13000円や15000円程度になれば、住宅ローン金利が上昇するという可能性はかなり強いと思われますが、ボックス圏内で推移している限りは、それほど顕著な上昇はないものと思われます。

 

何れにしても、アベノミクスによる経済対策は結果は未知数です。

 

今後の動向をより正確に察知するためには、先行指標である株価が、どこまで順調に上昇するかを注視しておく必要が有るものと思われます。

 

金利

金利の推移と動向をチェックするにはどうすれば?

計算
マイホームを建てるときに借入先の金融機関を決めるのも大事ですが、その前にしておくべきことがあります。

 

それが、住宅ローン金利動向のチェック。これからの推移次第でお得なプランが変わってくるので、動向や推移を調べるのは必須となります。

 

これからの動向を予測するのは非常に難しいことですが、何も考えずに借入をするのは失敗する原因になるので気を付けて下さいね。

 

住宅ローン金利の推移はネットで調べることもできますし、アドバイザーに相談するということもできます。この辺りの情報はプロとして細かく把握しているので自分で調べるよりも簡単です。

 

自分で調べると時間がかかりますし、調べた情報が本当に正しいかどうかも分からないので、ここは専門家に聞くのがお勧めですね。

 

動向と推移を調べて最近の動きをチェックしたら契約プランを決めにかかりましょう。

 

専門家でもこれからの予想は難しいですが、これから先の景気の動向などをチェックしていけば自然とよりベターな方法がが分かってくると思います。

 

さて、それでは次に、予想の仕方と予想結果でのプランの選び方をお話したいと思います。値動きの予想をする際は、不景気かどうかでチェックするのが良いですね。今の日本は不景気ということもあり、ゼロ金利政策が続いています。

 

不景気と言う事は、どの家庭もお金に余裕がないので借りるのを止めてしまいます。

 

しかし、不景気でも利息が安ければ家を買ったりしやすいので「今がチャンス!」と思って借り入れをするわけです。その為、不景気であればある程に住宅ローン金利は安くなります。

 

逆に、今後景気が回復すると予測されている場合は上がってきます。景気が回復するという事は、お金の周りが良くなるで、今よりも家計に余裕が出てくるわけですよね。

 

その為、利息が高くなったとしても家計に余裕のある方は「これくらいならいいかな」と言って借り入れをします。その為、景気が回復すると金融機関は強気になって高くする傾向にあります。

 

これだけが全てではありませんが、この部分で比較するのが簡単なので覚えておきましょう。

 

あと、景気が回復すると思ったら固定タイプ、景気が悪くなると思ったら変動タイプで契約をするのが基本となります。

 

別項に固定タイプor変動タイプという事について説明をしているので、そちらもプランを決める前に参考にして欲しいと思います。

 

また、お金を借りる時になって今後の動向やこれまでの推移をチェックするのではなく、借入予定のある方は定期的におすすめの銀行の住宅ローンをチェックしておく事にしましょう。時間をかけて調べていけば、今後どのように動いていくかの予想がしやすくなるハズです。

住宅ローン金利動向予想【Q&A】関連ページ

住宅ローン金利のランキング!タイプ別のおすすめは?【一覧で確認!】
金利に注目した住宅ローンランキングをご案内しています。低金利・変動タイプ・固定タイプ・フラット35などそれぞれ性格が異なる金利タイプ別にランキングを作成しています。
低金利住宅ローンランキング!金利が安い3銀行!【損しないのはどこ?】
ここでは金利が安い住宅ローンのランキングをご紹介しています。他と比較して低金利で損をしない銀行がすぐにわかるランキングになっています。後悔したくない方必見です。
変動金利住宅ローンランキング!変動タイプが安い銀行!【最安はどこ?】
変動タイプの住宅ローンランキングです。変動金利で最安の銀行はどこなのでしょうか?ゼロ金利時代に最も金利が低い住宅ローンを知りたいという方におすすめです!
固定金利住宅ローンランキング!長期固定が安のは?【フラット35は?】
長期固定金利の住宅ローンを探している人がまず気になるのがフラット35です。金利が低く保証料無料などの条件は大きな魅力。現在はフラット35より条件の良い住宅ローンが増えてきた点も見逃せません。
フラット35金利比較ランキング!【固定住宅ローンおすすめは?】
フラット35は長期固定金利の住宅ローンの中でイチバン人気!取り扱い銀行ごとに金利と手数料などの諸費用が違うため、フラット35で金利を比較する必要があります。現在開始以来最も低い水準となっている点も見逃せません。
住宅ローン借り換え金利ランキング!【メリットの多い銀行で得する!】
金利に注目した住宅ローンランキングをご案内しています。低金利・変動タイプ・固定タイプ・フラット35などそれぞれ性格が異なる金利タイプ別にランキングを作成しています。
住宅ローン借り入れ良い口コミは?体験談で検証!【審査や金利は?】
住宅ローンの借り入れや申し込みを現在行っている方の口コミ体験談をご紹介します。審査や金利の面での問題や苦労などはあったのでしょうか?それぞれの銀行別の体験談をどうぞ。
住宅ローン借り入れで不満な点は?悪い口コミ体験談!【理由を教えて?】
審査に通らなかった、担当の態度がよくなかったなど、住宅ローン借り入れで不満だった点がある、悪い口コミを集めています。うまくいかなかった理由や原因をチェックしてあなたの住宅ローン選びに役立てましょう。
銀行別住宅ローン研究!この銀行が選ばれる理由は?【口コミと詳細!】
住宅ローン金利に注目してピックアップしたおすすめの銀行の詳細情報をご紹介していきます。現在人気の銀行が選ばれる理由について考えていきます。
新生銀行住宅ローンってどう?トータルでお得な銀行!【メリットは?】
新生銀行のパワースマート住宅ローンは今最も注目されている住宅ローンと言っても過言ではないでしょう。金利が安い事だけではない新生銀行住宅ローンのメリットを紹介します。
住信SBIネット銀行住宅ローン金利は?最安をキープ!【メリットは?】
特に金利が安いということで有名な住信SBIネット銀行の住宅ローン!低金利なだけではなく、その他の借り入れ条件も高水準なため登場してすぐに人気の住宅ローンになっています。
楽天銀行フラット35金利は安い?長期固定金利で選ぶ!【メリットは?】
長期固定金利の住宅ローンと言えばフラット35が現在人気になっています。そのフラット35取り扱い銀行の中でも低金利、そして諸費用が安いということで人気なのが楽天銀行のフラット35です。
ARUHIフラット35は?最低水準で選ぶ!【シェアナンバーワン!】
ARUHI住宅ローンはフラット35でシェアNo.1を獲得する人気の住宅ローン専用金融機関です。フラット35で最低水準の金利と貸出条件で借り手の立場に立ったサービスが注目されています。
イオン銀行住宅ローン金利は高い?イオンのお店!【メリットはあるの?】
イオンが運営しているイオン銀行の住宅ローン。他の銀行にはない独自のサービスがなんと言っても魅力ですが、住宅ローンの金利はどのようになっているのでしょうか?イオン銀行について調査しました。
ソニー銀行住宅ローンのメリットは?借り換えで人気!【低金利でお得!】
借り換えでも人気のソニー銀行の住宅ローン。低金利と諸費用の安さで総支払い額ランキングでも常にトップクラスの成績を残しているハイスペックな銀行の住宅ローンを検証します。
住宅ローン金利の注意点とは?借入を失敗しない!【比較すればいいの?】
住宅ローンを借りるときには金利に注目するのは当然ですが、住宅ローン選びで失敗しないための金利の注意点とはどのようなものがあるのでしょうか?単に金利比較だけで大乗うなのでしょうか?
住宅ローン金利シミュレーション!変動・固定を比較!【お得なのは?】
住宅ローン金利のシミュレーションで変動タイプ・固定タイプの住宅ローン金利を検証しましょう。どちらお得なのか?どちらを選べばいいのかといったことでお悩みの方におすすめします。
住宅ローン金利の計算方法は?シミュレーションに必須!【難しい?】
難しそうに見える住宅ローンの金利計算ですが実際にはそれほど難しいものではありません。金利計算をしっかりしておくことは住宅ローン借り入れの際に非常に大切なポイントとなります。
住宅ローン金利Q&A!あなたの疑問は?【ローン金利のよくある質問!】
住宅ローン金利の専門情報サイトです。ここでは住宅ローン金利についてよくある質問とその答えをご紹介していきます。あなたの疑問や質問はお問い合わせフォームからお寄せください。
住宅ローン金利一覧!お得な銀行が一目でわかる!【おすすめ銀行は?】
住宅ローンの金利一覧です。金利がお得な銀行を知りたいという方必見。少しの金利差が大きな金額の差になる住宅ローンですから、金利比較はしっかりとしておきましょう
ネット銀行は金利が安い?低金利で選ぶ!【好条件で人気急上昇!】
ネット銀行は金利や諸費用、手数料の条件の良さで現在急速にそのシェアを伸ばしています。今一番条件の良い住宅ローンを探すならネット銀行を選びましょう!
固定金利住宅ローンとは?シミュレーションで検証!【デメリットは?】
固定金利の住宅ローンのメリットやデメリットとはどんなものがあるのでしょうか?シミュレーションで検証したいと思います。今現在固定金利の住宅ローンが人気がないのはなぜなのでしょうか?
変動金利の住宅ローンとは?シミュレーションで検証!【本当に低金利?】
ゼロ金利政策が続く中で非常に低い水準になっている変動金利の住宅ローン。金利が低いのは良いのですがデメリットや問題はないのでしょうか?変動金利の住宅ローンを検証します。
固定金利がおすすめの人は?住宅ローン金利研究!【どんなメリットが?】
住宅ローンを借りる際に固定金利タイプがおすすめなのはどのような方でしょうか?ここでは固定金利の住宅ローンがおすすめの人について考えていきます。固定か変動かでお悩みの方はご一読ください。
変動金利の住宅ローンがおすすめの人は?とにかく低金利!【注意点は?】
変動金利の住宅ローンがおすすめなのはどのような人なのでしょうか?ここでは変動金利の住宅ローンのん注意点を含めメリットやおすすめの借り入れ方を考えています。
借り換えがおすすめの人は?住宅ローン金利研究!【いくら得する?】
ここでは住宅ローン借り換えを積極的に行ったほうがよい人の条件を考えています。住宅ローン金利が低い水準にとどまっている現在、借り換えを行うことで住宅ローンの負担が減る方も多いはずです。