2016年今後の住宅ローン金利動向の予想は?

見出し

金利動向調査で判明したおすすめ銀行ランキング!【2016年12月版】

フラット35住宅ローン今後の金利動向をチェック!

フラット35の金利動向グラフ

推移と動向

 

2015年2月にフラット35の金利は史上最低の水準にまで下がりました。35年の長期固定タイプで1.37%というのは一般的な住宅ローンの変動タイプにも劣らず、しかもフラット35Sならこれからさらに0.3%の引き下げを受けることもできるのですから、まさに最高の借り時だったといえるでしょう。

 

その後フラット35金利はじわじわと上昇していたのですが、2016年に入り日銀がマイナス金利政策をとったことによって住宅ローン金利が大きく下がり、3月の金利更新でこれまでの最低となる1.250%を記録したのです!

 

住宅ローン金利は4月になってさらに下がり、フラット35は1.190%と最低金利を更新、そして驚くことに5月には1.080%ともう一段大きく下げました。

 

そして2016年7月フラット35の金利はついに1%を割り込み0.930%という水準になったのです。春の時点ではこれ以上大きく金利が下がることはないのではないかという金利動向予測が立てられていたものの、実際にはどんどん下がる結果となっています。

 

6月と7月の金利差は0.17%!ちなみに6月のフラット20の金利が0.99%ですから35年固定でも先月までの20年固定の金利を下回っているのです。変動金利と固定金利の差がこれだけ少なくなっている状況を考えると固定と変動の金利タイプ選びで迷っている方も決心が付くのではないでしょうか。

 

8月のフラット35は0.90%と最低記録を更新したものの、9月の金利は1.02%とついに大幅に上昇、思っていたよりも大きな上昇幅となりました。10月はその傾向のまま0.04%とわずかに上昇、これからじわじわと金利が上がっていくことになるのでしょうか。

 

2016年12月のフラット35金利は前月に比較して0.7%アップ!トランプ大統領が誕生するということでどのような影響が生まれるのかが懸念されていましたが、現在のところは金利上昇という結果が出ています。このまま上昇傾向で金利が推移していくのか見守っていきましょう。

 

 

マイナス金利政策で銀行の収益が悪化しているといった報道もあり、見直しがされることも十分に考えられますので、この低金利をフルに活用したいという方はそろそろ具体的に住宅ローンの申し込みを検討したほうがいいでしょう。

 

フラット35は融資実行時の金利が適用されるという特徴があり、融資実行は建物の引渡し時つまり、家が完成してからになります。ですから、申し込みをした時は低かったのに融資実行のときには上昇してしまうなどの変化は避けられません。

 

そのためある程度長いスパンでの予測をもとにして借り入れを検討することが基本ですが、2016年2月と3月とでは0.23%という大きな差ができてしまったため、ちょっとしたタイミングの違いが大きな明暗を分けることになった方もいらっしゃるはずです。

 

フラット35以外の住宅ローンの長期固定金利の推移と動向もほぼこれに合わせた動きとなっていますから、今後の予測をするときにこのフラット35金利推移のグラフを役立ててください。

 

フラット35最低水準の金利を達成→楽天銀行フラット35公式へ
当サイトイチ押しの住宅ローン→新生銀行公式へ

2016年の住宅ローン金利予想!今後はどうなる?

アベノミクスと住宅ローン金利の関連性とは

2012年終盤に自民党が政権を奪還して以来、アベノミクスと呼ばれるデフレ脱却政策が実行に移されようとしており、景気回復への期待が高まっています。

 

2015年になり一定の成果があったという評価もありますが、住宅ローンの動向にはにはどのような影響があったのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

そして2016年に入ってとられた日銀のマイナス金利政策によりこれ以上下がることはないと思われていた水準がまた一段と下がることになりました。

 

住宅ローン金利は、一般的に景気に左右され、デフレ基調の状態では低く、インフレ基調で景気が良い状態では高くなるという傾向にあります。

 

今後の動向を占っていくためまずは2013年2月現在の主な金融機関の住宅ローン金利を下表に示します。
金利

 

変動タイプの動向と推移は?

変動金利などの比較的短期の商品は、ソニー銀行の0.821%をはじめ、各金融機関とも1%を下回っています。

 

住信SBIネット銀行は、一時期は低金利で業界をリードしていましたが、変動タイプではソニー銀行の後塵を拝するようになりました。

 

しかし、固定型(3年)では、キャンペーンにより0.69%と非常に低い水準で提供しています。

 

新生銀行の変動タイプは0.98%ですが、期間限定のキャンペーンを適用すると0.88%とソニー銀行や住信SBIネット銀行と比べて遜色のないレベルになっています。

 

固定タイプの動向と推移は?

一方、長期固定金利については、フラット35は2014年から2015年にかけて史上最低水準の低金利を更新するなど非常に低い状況にありました。

 

依然として低水準ではあるものの、やや上昇する兆しを見せています。そのため長期固定金利を希望している場合は今がベストタイミングかも知れません。

 

楽天銀行のフラット35では、借入期間20年~35年が1.46%となり、1.5%前後の水準で推移しています。

 

金融機関が提供している一般的な住宅ローンの20年超の固定タイプについては、横ばいで変化があまり見られないものもありますが、0.1~0.2%程度金利が上昇しているものもあるようです。

 

その他の住宅ローンの35年の長期固定タイプをみると、新生銀行が2.2%、ソニー銀行が1.824%となっています。

 

住信SBIネット銀行は3.27%ですが、キャンペーンを適用すると1.68%となっています。

今後の住宅ローン金利の推移はどうなる?

計算

今後の住宅ローン金利は、どのように推移するでしょうか?

 

将来の動向を正確に予測することは不可能ですが、現段階で手に入る指標を基に検討してみたいと思います。

 

下図に、楽天銀行、新生銀行、ソニー銀行が提供している住宅ローンの金利と日経平均株価について、2008年以降の約5年間の推移を示します。

 

住宅ローン金利については、全体的に2009年中盤から下落傾向にあるようです。

 

新生銀行の変動タイプは、2009年の中盤から大きく下落し、2011年以降はほぼ0.8%で横ばいに推移しています。

 

ソニー銀行の規準金利(変動タイプ)についても、2009年以降下落傾向が続いています。

 

長期固定タイプである楽天銀行(フラット35)では、全体的な下落基調は他と同様ですが、2012年末以降はやや上昇の兆しを見せたあと下降しました。

 

この期間の日経株価平均の推移をみてみると、2008年の中盤に大きく株価が下落した後、細かい増減はあるものの、9000円から11000円の間で、ほほ横ばい状態で推移しています。

 

株式の指標は一般的に先行指標と呼ばれており、景気に先行して動く傾向があるといわれています。

 

今後の動向は株価に注目すればいい?

確かに、日経株価平均が2008年中盤に落ち込んだことに比べ、住宅ローン金利は2009年の初旬から中盤にかけて下落傾向が強くなっていることからも、金利の変動が株価の変動からやや遅れるという傾向はありそうです。

 

2012年の終盤に安倍総理にバトンタッチされてから、いわゆるアベノミクス効果で株価は上昇基調にあります。また、2015年には大幅に株価が上がっているという現実があります。

 

今後の動向を考えれば株価が上昇すると住宅ローン金利も上昇しそうですが、まだ顕著な上昇は認められません。

 

それもそのはずで、株価が上昇したとっても、推移を見てみると2009年の中盤以降継続しているボックス圏の上限にきているに過ぎません。

 

今後の株価がさらに上昇を続け、13000円や15000円程度になれば、住宅ローン金利が上昇するという可能性はかなり強いと思われますが、ボックス圏内で推移している限りは、それほど顕著な上昇はないものと思われます。

 

何れにしても、アベノミクスによる経済対策は結果は未知数です。

 

今後の動向をより正確に察知するためには、先行指標である株価が、どこまで順調に上昇するかを注視しておく必要が有るものと思われます。

 

金利

金利の推移と動向をチェックするにはどうすれば?

計算
マイホームを建てるときに借入先の金融機関を決めるのも大事ですが、その前にしておくべきことがあります。

 

それが、住宅ローン金利動向のチェック。これからの推移次第でお得なプランが変わってくるので、動向や推移を調べるのは必須となります。

 

これからの動向を予測するのは非常に難しいことですが、何も考えずに借入をするのは失敗する原因になるので気を付けて下さいね。

 

住宅ローン金利の推移はネットで調べることもできますし、アドバイザーに相談するということもできます。この辺りの情報はプロとして細かく把握しているので自分で調べるよりも簡単です。

 

自分で調べると時間がかかりますし、調べた情報が本当に正しいかどうかも分からないので、ここは専門家に聞くのがお勧めですね。

 

動向と推移を調べて最近の動きをチェックしたら契約プランを決めにかかりましょう。

 

専門家でもこれからの予想は難しいですが、これから先の景気の動向などをチェックしていけば自然とよりベターな方法がが分かってくると思います。

 

さて、それでは次に、予想の仕方と予想結果でのプランの選び方をお話したいと思います。値動きの予想をする際は、不景気かどうかでチェックするのが良いですね。今の日本は不景気ということもあり、ゼロ金利政策が続いています。

 

不景気と言う事は、どの家庭もお金に余裕がないので借りるのを止めてしまいます。

 

しかし、不景気でも利息が安ければ家を買ったりしやすいので「今がチャンス!」と思って借り入れをするわけです。その為、不景気であればある程に住宅ローン金利は安くなります。

 

逆に、今後景気が回復すると予測されている場合は上がってきます。景気が回復するという事は、お金の周りが良くなるで、今よりも家計に余裕が出てくるわけですよね。

 

その為、利息が高くなったとしても家計に余裕のある方は「これくらいならいいかな」と言って借り入れをします。その為、景気が回復すると金融機関は強気になって高くする傾向にあります。

 

これだけが全てではありませんが、この部分で比較するのが簡単なので覚えておきましょう。

 

あと、景気が回復すると思ったら固定タイプ、景気が悪くなると思ったら変動タイプで契約をするのが基本となります。

 

別項に固定タイプor変動タイプという事について説明をしているので、そちらもプランを決める前に参考にして欲しいと思います。

 

また、お金を借りる時になって今後の動向やこれまでの推移をチェックするのではなく、借入予定のある方は定期的におすすめの銀行の住宅ローンをチェックしておく事にしましょう。時間をかけて調べていけば、今後どのように動いていくかの予想がしやすくなるハズです。